成功する起業家は知っている!?自分のショートPRと肩書きの重要性とは?

学べるコミュニティツナの樋口妙子さんのショートPRと肩書について 講座実績

オンラインのコミュニティ ツナのテーマ
「みんなで一緒に勝ち上がる!」を
日々、模索しているヒグチです。

起業を目指した方が結構な確率で悩むのが
『自分の肩書き』

そして使えていないのが
自身を語る『ショートPR』

両方とも「私は〇〇です!」と
見込み客さんにちゃんと伝えるため、
そして自分自身の軸を強固にする言葉。

スゴい大事と分かっているけど、
どーして良いのか迷走しているアナタへ。

今日はアナタを”迷いの沼”から救います。

起業初心者・必見!ショートPR作成はビジネス成功への第一歩

何故なら、このショートPRを作成することで
以下の3つのポイント
意図的に整理されるんですよ。

その3つとは・・・
①「誰に」もしくは「どんな人に」
②「何を」
③「どう売るのか?」

つまりこの3つのポイントを明確にする!
自分のビジネスモデルが明確化になる!
と、言う仕掛け。

逆に、ここが不明瞭な状態で
見切りで船出するから沈没するんです。

ショートPR作成のポイントその1・ベネフィットを使い分ける

じゃぁ、どうやって明確化するのか?

答えは
「誰に」と
「メインベネフィット」と
「サブベネフィット」を使って
思考を整理してみる。

ビジネス講座の受講経験がある人には
お馴染みの「ベネフィット」

これは簡単に言っちゃうと
買った人が受け取る「利益」や「恩恵」

肌感覚で言うなら相手が
「得をする」とか
「満足する」と”感じる事”

それに対してメリット
「功績」や「価値のある特徴」
「長所」「利点」を述べるワケだ。
この違いをまずは押さえて欲しいな。

そう、ショートPR
「メリット」よりも「ベネフィット」を使う。
ここ、ポイントですよ。

だって人は感情の生き物でさ、
だから何か行動を起こさせようと思ったら
「感情を動かす」事がポイントだから。

そこを利用するんです。
メリットは感情よりも思考よりでしょ。

ショートPR作成のポイントその2・キャッチコピーとの違いを知る

もう1つのポイントは
ショートPRとキャッチコピーの違い。

ざっくりと言っちゃえばショートPRとは
起業しようとする人にとって・・・
『社会の人々に自分の仕事を紹介し
より良い関係を作るため』のフレーズ

初対面の方に
「あなたのお仕事は何ですか?」と
聞かれた時に説明したり、
なんなら名刺に刷ったりもする。

ようはビジネスシーンで
対象者(見込み客さん)に向かって
あなたが直接、発信するモノ

「あなたのお仕事は何ですか?」と、言う
シンプルな問いかけに
しっかりと返答し伝えるツールです。

それに対して、
伝えたいことや情報を一方的に伝える
キャッチフレーズとは全然違う。

広告の言葉でもビジネスの言葉でも
それらの言葉には実はみんな
明確な役目があるんです。

キャッチコピーは
言葉を削ぎ落として身軽にして
打ち上げ花火みたいにドーンと高く飛ばして
人の耳や目(できたら心)を
キャッチ(捕らえる)のが仕事だから。

そうやって、言葉の役目をちゃんと
使い分けて「言葉の力」を最大限に利用する!
(これはノートに赤線、引いて欲しい)

ショートPRと肩書きの関係性とは

唐突ではありますが、さっき
「キャッチコピーとは打ち上げ花火」
解説したでしょ。

で、その「打ち上げた言葉」
「キャッチコピー」を
着地させるフレーズ(短文)を業界では
「ショルダーフレーズ」と言います。

この広告業界の
「キャッチコピー」と「ショルダーフレーズ」
の立ち位置が
「肩書き」と「ショートPR」とほぼ一緒

例えば、私をネタに説明すると・・・

肩書きは
「Copy writer+Goal achievement」

それに掛かるショートPRは
「コトバの力であなたを変える 世界も変わる」

蛇足ながら「Goal achievement」は
「目標達成」の英訳。
起業のサポートもしているからね。

特に名刺の場合だと絶対に(当たり前だけど)
名前は入る。むしろこれが一番メイン!

で、その名前を補強する感じで
肩書きやショルダーフレーズが来ますね。

困った肩書きの解決法

「肩書き」に関して言えば
悩ましいパターンが2つある。

1つは取得した資格名をそのまま使っている
「ウォーキングアドバイザー」とか
「親子カウンセラー」など。

この肩書きのお悩みポイントは
同期や先輩、講師の方と同じ肩書きだから
差別化できずに埋もれる!?と焦る。

こんな人の対策は
「自分はどんな人を助けたいのか?」
「誰に商品・サービスを届けたいのか?」
見込み客さんを意識してみる。

そしたら、そこに自分ができること
=自分らしさ=差別化!!
の道が見えて来るから。

逆に困るのは2つ目のパターンで
やれる事が(やりたい事が)多すぎて
全部盛り込んだ肩書きを着けちゃう人。

facebookとか、あとアメブロとかで
たまに見かける
「で、いったい何をしてるんですか?」的な
”痛い感じの肩書き”。

「夢を叶えるフェアリー系ゆるふわヒーラー」
「ビジネスメンター ライフコーチアドバイザー」
とか。。。。(ホントにいたらゴメン)

この方はね。。。。。1回、整理しよう。
取りあえず「今、1番したいこと」を優先で。
(ちょっと、落ち着こうか)

まとめ

「肩書き」も「ショートPR」
起業するなら・・いや、既にしていても
1回はちゃんと向き合った方が良いです。

そして意外かもしれなけど
「肩書き」も「ショートPR」も
1回つけて終わりじゃない!

ビジネスがスケールアップしたり、
もしくは方向性が変わったりしたら
その時々で足元を見つめて付け替える。

それをする度に
今、自分が向き合っているものが
はっきりと見えてきて腹落ちするから。

腑に落ちない状態だと
些細なことでも迷いが生じる。

迷い出すと手が止まる。
足が止まる。
要はビジネスが停滞するでしょ。

ツナは起業する人を応援しています。
迷い出して手が止まったら、
怖くなって足がすくんだら・・・

大丈夫!ツナの仲間が、
ツナのシステムやサービスが
あなたをサポートしますから。

アナタの起業を応援してます!
(諦めたらそこで終わりだし)
(頑張れぇ〜!)

つながって学んで結果自立したビジネスができるようになる学べるコミュニティ「ツナ」
どうやってツナの輪につながればいいの?

マーケティングの基礎をわかりやすい講座で学びたいと思っている人。

わかりにくいWebやPCについてすぐに聞ける環境が欲しいと思っている人。

第一印象で損をしないために、外見と内面を整えたいと思っている人。

貢献したい!分かち合いたい!という価値観の仲間が欲しい人。

講師として自信をもってデビューしたいと思っている人。

お母さんが学びやすい!
つながりやすい!
夢の実現を応援できる仲間がいる!

そして、 みんなで勝つ!ことをコンセプトにしている学べるコミュニティ「ツナ」です。

講座実績
tunamonoをフォローする
学べるコミュニティ「ツナ」へようこそ

コメント

タイトルとURLをコピーしました