ネットリテラシー意識改革!SNSやブログ発信で「これ著作権NG?」引用の方法を知る!

ネットリテラシー意識改革!SNSやブログ発信で「これ著作権NG?」引用の方法を知る! 講座実績

ネットリテラシーとは、インターネットやSNSについての知識と情報を正しく理解し活用できる能力のこと。

でもそれ、大人になってからインターネットを知った私たち世代(ん~40代以上の人たちかしらね~)って、そもそもそれについての教育って受けていません。

インターネットが普及して、さらにスマホをほぼほぼ手にする時代になったのに、携帯ショップでも教えてくれないそんなこと。

まさか、著作権があれにもこれにもあったのか!とか、法外な請求がきてびっくりする!なんてことがあってからでは遅い。

また、オンライン化が進む中で、気軽な副業先としてインターネットを活用することをあっちでもこっちでも言ってるけど、「インターネットのルール」を誰からも教わる機会がないのが現状。

ググればなんでも情報が出てくる時代ではありますが、ググり方さえわからないという人もいます。

それがこうしたネットリテラシーに関することかと。

学べるコミュニティツナのコミュニティマネージャー、宮城島が販促ツールデザインの現場で学んだことやSNSの友だちの投稿で見て、「こりゃNGだろ!」ということをひっそりとシェア(笑)

新聞紙面の切り抜き・写メは新聞社の著作物だけど、友だちとシェアならいい?

ダメです!

著作権法では、「私的に利用する場合のみ」著作権者の承諾を得なくても著作物を利用できるとしています。

私的というと、「ごく個人間で」という意味ですね。

それ以外は複製コピーはNGです。

だた、それを限定的だったとしてもインターネット上にアップするということは、限りなく全世界に公開していることと同じ。

自分以外の人が見ることを許した状態ですから。

はい、そういうことで、そもそもネットを使うということは内輪で楽しむの枠をかなり飛び越えたものです。

 

新聞紙面に限らず、「雑誌」「本」「絵本」「マンガ」の表紙やさらにめくった紙面を写メして写すことも新聞紙面と同様。

 

テレビ画面の写メもテレビ番組を録画したものを投稿することも一緒。

 

ダメでございます。

でもどうしてもそれをみんなとシェアしたい!知らせたい場合はどうすればいいでしょうか?

 

ネットで引用するには❝ ❞(ダブルクォーテーション)を使う

SNSで再現したい場合、出典元と出典URLがあれば同記載します。

ですからヤフーニュースなどの記事をシェアしていくとか、公式のサイトからURLを引っ張ってくるのが問題のないやり方。

また、文章の引用をする場合は「 」(かぎかっこ)や❝ ❞(ダブルクォーテーション)で囲います。

ブログで誰かの言葉を借りて表現したいときは、「引用タグ」を使います。

身から出たサビだなぁ
身に覚えがあるよ

相田みつを

出典元:相田みつをの名言格言  https://iyashitour.com/meigen/greatman/aidamitsuo/2

かぎかっこで囲って書いたとしても、引用してきたということがはっきりと証明できません。

「これは借りてきた文章です」とHTMLソースではっきりと表示できるようなスキルを身につけてください。

 

発信しようとしている人が、それを知らないということは避けないといけません。

<ブロッククォート>という引用タグで囲います。

 

※このようなソースで書かれています、裏側で(笑)

 

表にはHTMLソースは見えませんが検索エンジンはそれをちゃんと読んでいます。

正しく発信できるように「引用タグ」を忘れずに。

また、出典元がどこで、参考にしたものが何なのかがわかるURLも同記載しておきます。

更に、引用したいもの、使わせてもらいたい旨を出典元へ問い合わせて許可をいただけたらさらに丁寧な発信ができる人と言えます。

 

画像の透かし(ウォーターマーク)付の画像アップはリテラシーの低さを表に出していること

ネットリテラシー意識改革!SNSやブログ発信で「これ著作権NG?」引用の方法を知る!

○○集客の専門家と名乗っていながら、借りパク状態の画像をアップしている人を見かけました。

画像にその画像のサンプルもとサイトの屋号入りのウォーターマークありありのまま平気で集客している。

それも個人アカウントページで。

そんな人、結構見かけます。

ビジネスをしていくということは発信がつきもの。

インターネットの世界ではルールがある。

また発信に活用しているSNSにもオリジナルのルールがある。

その使い分けをそもそも教えてもらわずにいきなり集客に走る…教えてもらえないことが悪いのかではなく自分で知ろうとしないことがリテラシーの低さにつながり、さらにそれにつながった人が同じことをする連鎖。

もうやめましょう!

学びましょう!

自信をもって発信できるようになりましょう!

 

それは正しく学んでいくこと以外に方法はありません。

SNSで目立つことが目標ではなくコミュニケーションが目的としましょう。

 

 

オリジナルで勝負するのが一番のリスクヘッジ

どうしてもその言葉にインスパイアされたので、引用したいのだ!という明確な理由があればその表現の仕方を学んで安心して発信できる人になりましょう。

 

とは言え、そういった面倒なことにはなりたくない!と思えば完全オリジナルで立ち向かえばいい!

 

画像もフリーの画像サイトもあるけれど、自分で撮影したものを使えば全く問題ない。

 

人物が映っている場合は肖像権に注意してください。

 

また、自分で撮った写真を守るために自作のウォーターマークを画像内に差し込んでおくということも自分のコンテンツを守ることにつながります。

 

というような「発信する時に困らないためのネットリテラシー講座」の一部コンテンツをシェアいたしました。

講座をご受講された方からは、「今まで散々恐ろしい事を沢山してきました。」という声をいただきました。

他にも、「知らないって怖い、怖いもの知らずでは済まされないんだと。ネットリテラシー、令和の子供達にはマストな教育」「ツナに居ると、日々が学びです。」そのような感想をいただきました。

 

なんとなく著作権って言葉は知っているけれど、具体的に自分の身に置き換えた時にどうすればいいか…結局手が止まる…それで、自分のビジネスの速度が停滞するくらいならちゃんと学ぼうと仕切り直しすればいいことだと思います。

 

知らないことは学びましょう、共々に。

 

コミュマネ:ミヤギシマ
コミュマネ:ミヤギシマ

辛口でごめんなさいませ(;´Д`A “`

つながって学んで結果自立したビジネスができるようになる学べるコミュニティ「ツナ」
どうやってツナの輪につながればいいの?

マーケティングの基礎をわかりやすい講座で学びたいと思っている人。

わかりにくいWebやPCについてすぐに聞ける環境が欲しいと思っている人。

第一印象で損をしないために、外見と内面を整えたいと思っている人。

貢献したい!分かち合いたい!という価値観の仲間が欲しい人。

講師として自信をもってデビューしたいと思っている人。

お母さんが学びやすい!
つながりやすい!
夢の実現を応援できる仲間がいる!

そして、 みんなで勝つ!ことをコンセプトにしている学べるコミュニティ「ツナ」です。

講座実績
tunamonoをフォローする
学べるコミュニティ「ツナ」へようこそ

コメント

タイトルとURLをコピーしました