個人事業主&起業初心者|必見!誰でもできる3C分析のやり方と効果

学べるコミュニティツナの3c分析 講座実績

「みんな一緒に勝ち上がろう!!」
が口癖のヒグチです。

3C分析って、聞くとすごい専門的で
難しそうだけど、
そんなことナイです。(キッパリ)
やり方、使い方です。

分かりやすく、そして使える3C分析の
やり方を今回は解説いたしました。

そもそも3C分析とは?

ちょっと難しめに言うと・・・

3C分析とは、マーケティング分析の
フレームワークです。

そもそも3Cの「C」はね
Customer(市場・顧客)
Competitor(競合)
Company(自社)の
3つの頭文字を取ったもの。

で、この3つを抑えると
ビジネスの基本の基となる大切な要素を
抜け漏れなく把握できる!のが
最大のメリットです。

が、しかし!マーケティングとか
「マジで知らんけど・・・」な方にも
使えるように、分かるようにしちゃいます。

まずは・・・
Customer(市場・顧客)→【お客様】
Competitor(競合)→【ライバル】
Company(自社)→【自分】
と、身近な言葉に変換します。

こうすると、ちょっと親近感がわかない?
これで良いんです。
だって、ビジネスは学問じゃないんだもん。
使えてナンボじゃん。

さて、ここからが肝心。
分析する「順番」が大切。
ここポイントです。(テストに出るレベル)

【お客様】→【自分】→【ライバル】

普段の講座では
まずは”自分”を掘り下げて、次が”お客様”。
最後に自分とお客様の接点である
”商品・サービス”と、言ってます。

しかし3C分析は【自分】が最初だから。
ここがいつもとちょっと違うてん。

【お客様】分析とは?

【お客様】分析ですることは・・・

顧客分析をするための「データ集め」ですね。

ここで培われるのが
「検索力」や「データ収集力」
そして最後は「想像力」

色々なやり方で情報を集めるのは当たり前。
けど、最後の一打は・・・・

お客様が「私の商品・サービスを
買う気持になったのは何故だろう?」
これを考える=想像してみる。

このプレイ、めちゃ大切。
買ってくれた”決定打”を探すことを
一言でまとめると「購買決定要因を探す!」
つー行為になります。

【自分】分析とは?

ここはね自分の
「サービス・商品」
「自分のお店」のための分析。

具体的には・・・
自分の商品の特徴や
現時点のターゲットを書き出す。

ポイントは「強み」とともに
「弱み」も書き出す。
第三者目線でできる限り吐き出す感じかな。

過去にも遡るし、人に言われたこととか、
持っている資格とか、学歴とか習い事とか。

とにかく、深く自分を掘り下げて、
洗いざらい吐き出すと、
そこから見えてくるモノがあるから。

「何故、私はこの商品・サービスを提供したいんだろう?」
「この仕事をしようと思ったそもそものキッカケってなんだっけ?」

普段はきっと気にしていなかった?
気づいていなかった?
”信念”とか”価値観”とか”こだわり”
気づいて欲しいな。

【ライバル】分析とは?

ライバルは「競合」と言い換えても良いです。

あなたのビジネスのライバルは
同じセミナーの同期や卒業生全員だったり、
リアルに3軒先の店舗だったり、
同じ商品だったら
「某・大企業」だったりもする。

様々なライバルを分析して、比較して
お互いの「強み」「弱み」などを
あらゆるデータを
具体的に箇条書きで書き出す!

ライバルを分析して比較して、
そこから改善点などを読みとって実践したら
ライバルは「競合」でもあるけど、
「師」にもなり得るんだよね。

ライバルとの”微差”は改善できたら
それは具体的なステップアップだし、
繰り返せばライバルを超える状態に至れる
「あなたの勝ち筋」になるんだし。

データは使いようです!
(キッパリ)

3C分析の図の見方・使い方のポイント解説

学べるコミュニティツナの3c分析

3C分析の図はすごくシンプルで
単純に3つの◯が重なっているだけ。

シンプルisベスト!
ほんと、この図は優秀。

醍醐味はね、「◯の重なった部分」
ここを利用しなくてどーするっ!

①【お客様】と【自分】だけで【ライバル】不在
ブルーオーシャン

普通はそこは「攻めどころ」と言われるけど
そんなこともない。

一見すると一人勝ちに思えるけど
「果たしてそこに需要はあるのか?」
「キャッシュポイントはあるのか?」の
落とし穴があるし。

②【お客様】【自分】【ライバル】の3人揃い
レッドオーシャン

後発組の自分達には「手を出すな」と
思いがちだけど、ちょっと違う。

何故ならそこは
「競合がたくさんいて市場が活性化」してる。
=「商品やサービスの需要が確実にある!」。

だから、レッドオーシャンを最初から
切り捨てるのは早計

起業初期ならなおさら。
世界を相手にする必要なんてない。
「地元の2番店」でも個人のビジネスなら
成立するかもしれないし。

③【自分】と【ライバル】で【お客様】不在
自分とライバルだけで何をするのか?

ここは自分とライバルを分析して細分化して、
改善点を見つけるためのエリア。

④【ライバル】と【お客様】で【自分】が不在
自分がいないエリア
「何をどーすればエエんじゃいっ!?」
だよね。

ここは「至らないじぶん」を
責めるトコじゃなくって
「お客様に求められているモノ」を
見つけるエリア。

今は無理でも
「目標」が具体的に見つけられるでしょ。

まとめ

マーケティングとかビジネスとか
知識は確かに大切だけど、
「それを自分が使えるかどうか?」が大事。

身の丈までチャンクダウンして欲しい。

逆に「何も学ばずにいる」のも罪
(やる気あるのか?と、問いたい)

フレームワークと言うけどね、
そーゆー事をすることによって
(経験することで)
ビジネスの基礎力が養われます。

フレームワークを
現場まで引き摺り下ろして
どんどん活用してステージを上げてください。

学べるコミュニティ・ツナは
知識や方法を実際に起業家や個人事業主の方が
使えるレベルまで引き摺り下ろします。
(チャンクダウンしちゃいます)

絵に描いた餅では役に立たないじゃん。

みんなであなたのビジネスを応援しています!

 

 

アーカイブ動画視聴をご希望の方へ

【質問チケットのプレゼント付き】アーカイブ動画視聴をご希望される方はこちらをご覧ください。

 

 

つながって学んで結果自立したビジネスができるようになる学べるコミュニティ「ツナ」
どうやってツナの輪につながればいいの?

マーケティングの基礎をわかりやすい講座で学びたいと思っている人。

わかりにくいWebやPCについてすぐに聞ける環境が欲しいと思っている人。

第一印象で損をしないために、外見と内面を整えたいと思っている人。

貢献したい!分かち合いたい!という価値観の仲間が欲しい人。

講師として自信をもってデビューしたいと思っている人。

お母さんが学びやすい!
つながりやすい!
夢の実現を応援できる仲間がいる!

そして、 みんなで勝つ!ことをコンセプトにしている学べるコミュニティ「ツナ」です。

講座実績
tunamonoをフォローする
学べるコミュニティ「ツナ」へようこそ

コメント

タイトルとURLをコピーしました